ブログ


2012年2月

2月 22 2012

皆さんのお越しをお待ちしております

このブログにお立ち寄りいただいた皆さんは、借金についてお悩みのことと思います。

しかし、弁護士に会うのは初めてで敷居が高い・・・と、ご相談に来られることに躊躇されている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、皆さんがご相談に来られた場合のイメージをお伝えします。

まずは弁護士が、皆さんの借金の額、借入先、現在の生活状況(毎月の収入や必要な出費、借金の返済額)のほか、皆さんが今困っていらっしゃることについてお伺いします。

その上で、債務整理の必要性があるかどうか、あるとすれば弁護士を通じて借入先と直接交渉するか(任意整理)、破産や個人再生手続などの裁判所の手続を利用するか(法的整理)についてアドバイスさせていただきます。
このとき、債務整理のメリット・デメリットや費用など、皆さんが不安に思われることについてできるだけ分かりやすく丁寧にご説明します。

そして、皆さんが債務整理を行うことについて疑問点を解消し、十分にご納得いただきましたら依頼してください。

担当の弁護士はどんな人かな・・・と不安に思われる方は、「相談日カレンダー」に「担当弁護士プロフィール」を掲載している弁護士も多数いますので、参考にしてみてください。

まずはお気軽にご相談ください。
弁護士が少しでも皆さんのお力になれれば幸いです。

コメントは受け付けていません。

2月 12 2012

過払金返還と自己破産

今回は、過去の解決事例をご紹介します。

Aさん(60歳代後半・女性)は、長年正社員として勤務し、退職後は年金を受給しながらパート勤務をしている女性でした。
最初の相談の際、Aさんは、貸金業者からの借金の返済のため、他の貸金業者から借金をするという、自転車操業状態となっていました。そんな状態の中、Aさんは、総量規制のことを知り、このままでは借金できなくなり、生活できなくなってしまうと思い、自殺まで考えたそうです。しかし、最後に一度専門化に相談しようと思い、Aは法律相談センターに連絡してくれたのでした。

Aさんの債権者は5社で、取引履歴を取寄せた結果、債権者のうち1社との間では過払金が発生し、その他の債権者には総額約200万円の債務が残る計算となりました。
過払金を借金返済に充てても、多額の借金が残る計算でしたので、Aさんと自己破産の方針を立てました。
自己破産申立の際、一部の債権者との間で過払金が発生する計算の場合、自己破産申立の前に過払金を回収し、これを自己破産申立の費用に用いる運用が認められています。
そこで、過払金を回収し、回収した過払金を破産申立の費用にあて、自己破産の手続きを進め、無事免責手続きまで完了しました。

手続きが完了した後、Aさんから、「あの時思い切って相談してよかったです。相談していなければ今頃生きていません。」と言っていただき、笑顔を見せてもらえました。

借金問題の解決方法は様々です。お1人で悩まないで、ぜひ一度、法律相談センターまでご連絡下さい。

コメントは受け付けていません。

2月 02 2012

弁護士にできること

借金問題のご相談を受ける場合、弁護士は、その方が、いつ、誰から、なぜ、借金をしなければならなかったのかなど、いわば、その方のこれまでの人生の大部分について、お聞かせいただくことになります。

例えば、長年にわたり、ご家族にも内緒で、一生懸命、一人で借金を返してこられた方。また、決して不真面目な生活をしてきたわけではなく、一生懸命生きてこられたのに、なかなかお金に恵まれず、多額の借金を抱えてしまっている方。いろいろな方がいらっしゃいます。

もちろん、弁護士が、そういった方々の人生を全て背負えるわけではありません。その意味で、弁護士にできることは限られています。
しかし、弁護士にご相談・ご依頼いただくことで、その方の今後の人生を少しでも幸せで豊かなものにする、そのお手伝いであればできるかもしれません。

約30年間借金を返し続けてきた高齢の女性は、弁護士に依頼した結果、数百万円の過払金を回収し、ご自身の手術代に充てることができました。
同じく長期間にわたり借金を返し続けてきたサラリーマンの男性は、弁護士に全ての交渉等を依頼したことで、最後までご家族に知られることなく、借金をなくすことができました。
若くして両親と別れた後一人で懸命に生きてきた女性は、これまでの決して恵まれていたとはいえない人生を自己破産でリセットすることにより、残りの人生を大切に生きていきたいと、弁護士に語っていました。

当然のことですが、弁護士は、一人でも多くの方の力になりたくて、また、一人でも多くの方が笑顔になっていただけることを願って、日々、仕事をしています。
このホームページをご覧いただいたあなたが、もし何らかのお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、勇気を出してご相談いただき、上記に挙げた事例同様、今後の人生を少しでも幸せなものにするためのお手伝いをさせていただけますと幸せです。

コメントは受け付けていません。

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.