ブログ


2010年7月

7月 28 2010

解決事例(任意整理)

今回は解決事例を紹介します。かなり極端な事例ですが,任意整理及び過払金請求のチカラをご理解いただけると思います。

Aさんは,借入先が10社,債務額は合計で700万円を超えるという状態で,愛知県弁護士会名古屋法律相談センターにお見えになりました。

お話を伺ってみると,長いもので40年間近く,平均すると各借入先と20年間程度の取引があるようでした。さっそく弁護士にて調査を開始し,引き直し計算をしてみると,借入先8社に対して,債務額がいずれもゼロとなった上で,過払いとなりました。

過払い額は合計で1400万円を超え,一部の過払い先に対しては訴訟を起こしたりしながら,結局,過払い先のすべてからほぼ満額の過払金を回収しました。

債務が残った先への支払や費用の支払もその中から済ませ,最終的に,Aさんの手元には,1000万円程度が残ることとなりました。訴訟手続を経た関係で,所要期間は1年強です。

任意整理についてはこちらをご覧ください。

コメントは受け付けていません。

7月 21 2010

過払金請求の近況

数年前から,消費者金融業者やクレジットカード業者に対する過払金請求が数多く行われるようになりました。もっとも,このわずか数年の間にも,過払金請求を取り巻く環境は大きく変化しています。

例えば,以前は,ほぼ満額の過払金を返還していた業者であっても,一部の金額しか返さないと言って譲らないことが多くなりました。

また,最近では,訴訟の結果である判決にも従わず,返還を渋り続ける業者も散見されるようになっています。中には,倒産(に近い)状態に至ってしまい,過払金を取り立てようにもその原資がほとんどない業者も現れています。

過払金請求も,早い者勝ちの側面があります。お早めに,愛知県弁護士会名古屋法律相談センターまでご相談ください。

コメントは受け付けていません。

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.