ブログ


その他

6月 12 2012

解決事例(任意整理・過払金)

 Aさんは主婦。夫の失職時にサラ金で借りた借金を引きずり、最後に残った2社への月々6万円くらいの返済が厳しくなったと言うことで、中日ビルの名古屋法律相談センターに来られた。Aさんの希望は、「月々2万円くらいで返していければ(それとも破産した方が良いんでしょうか?)・・」ということだった。
 完済した方のサラ金への過払いを調査すると(1ヶ月強)、丁度、残っている2社への負債総額と釣り合う計算になり、そこで先ずは過払いを回収すべく提訴、およそ3ヶ月で過払いを取り戻し、残っている2社への一括払いができた。お会いして4ヶ月強、半年も経たないうちの解決である。
 高利の借入を完済された方は、先ず間違いなく過払いがあると考えて良い。完済されていなくても、数年以上、返済が続いているなら、過払いになっていることは割と多くある。過払いを元手に残っている負債をキレイにできるかもしれない。高利の負債を抱え続けていても良いことは一つもないので、早い目早い目に相談して頂けると幸いです。

コメントは受け付けていません。

6月 02 2012

解決事例(過払金)

 Aさんは、多数の消費者金融業者との間で、借入と返済を繰り返していました。
Aさんは、全ての消費者金融業者に対する借入について、10年ほど前に返済を終了(完済)していましたが、テレビCMで「過払金」の存在を知り、愛知県弁護士会名古屋法律相談センターに相談にみえました。

 相談内容としては、「過払金が発生しているなら回収したいが、現在、借金はなく、家族もいるため、過払金を回収することにより、現在使用しているクレジットカードまで使えなくなるのは避けたい」とのことでした。

 詳細を伺ったところ、過去に借入をしたことがある消費者金融業者は19社にのぼり、弁護士が計算をし直したところ、総額約1000万円の過払金が発生していました。その内、約半数の業者に対する請求権が時効で消滅していました(過払金の消滅時効は一般に10年と考えられています)が、残りの業者については、訴訟や任意での和解により、最終的には総額約450万円の過払金を回収し、訴訟費用や弁護士費用を差し引いた上で、Aさんの手元には総額約350万円が残りました。

 また、過払金の請求をした業者の内、1社については、現在取引のあるクレジットカード会社でしたが、弁護士と業者の話し合いにより、使用中のクレジットカードについては過払金を回収した後も、継続利用できることになりました。訴訟手続に時間がかかったため、相談を受けてから事件終了までかかった期間は約1年でした。

 Aさんにはとても喜んでいただけました。

コメントは受け付けていません。

5月 12 2012

昔、債務整理はやったから…

以前に弁護士や司法書士に頼んで債務整理をしたことがあり、今、その時約束した債務を支払っているという方で、その債務整理の時期が平成17~18年頃より以前の方にご確認いただきたいことがあります。
以前に行った債務整理の時に、完済した消費者金融会社との取引についても見直しましたか。

先日、「一度債務整理をしたのだけれど、約束のお金を払うのが難しくなってしまった」とご相談に見えた方がいます。
よくよく話を聞いてみると、以前に債務整理をした時は、債務が残っている消費者金融業者だけを相手にしたそうで、既に借金を返し終わったところについては、取引履歴の取り寄せや引き直し計算はしていなかったそうです。完済していた業者から取引履歴を取り寄せ、法定利率に従って計算をし直して、過払金を回収。無事、ほかの債務の弁済に充てることができました。

思い起こせば、過払金返還請求がメジャーになったのは平成17~18年頃だったでしょうか。それより以前は、債務整理といえども完済した業者から払いすぎを取り戻すことまではしなかったケースもあります。
そこで、「昔、債務整理はやったから。」とおっしゃる方も、その時に完済していた業者との取引についてまで対象としていたかについては、一度確認されると良いと思います。

コメントは受け付けていません。

4月 22 2012

解決事例(任意整理・過払金)

多重債務に苦しんでおられる方の中には,ご家族に知られずに解決したいという希望をもっておられる方がたくさんいらっしゃいます。

弁護士に債務整理をご依頼いただいた場合,弁護士が債権者に対する窓口となります。
したがって,債権者が依頼者の方に直接連絡することはまずありません。

今回は,ある解決事例をご紹介します。

その依頼者の方は,
  クレジット(借入)2社 55万円
  
の債務を抱えており,毎月の返済額は約3万3000円でした。

依頼者の方から,年金収入による生活が始まり,配偶者様に気付かれずに返済を継続することは困難とのことで,ご依頼いただくこととなりました。

上記2社に取引履歴の開示を請求し,利息制限法に定められた上限利率を超える利息部分を債務元本に充当したところ,上記2社に対し,なんと合計約1000万円を超える過払金が発生していることがわかりました。

そして,最終的にご家族に知られることなく1000万円全額を回収することができ,ご依頼者の方からは返ってきた過払金の存在をどうやってご家族に告げるかといううれしい悩みをもっていただくことができました。

この解決事例では多額の過払金の返還を受けることができましたが,たとえそうならなくても,(裁判所に何らの申立をすることなく)返済額を圧縮したり,支払条件を見直したりできることがあります。
お一人で悩まず,是非,弁護士にご相談ください。

コメントは受け付けていません。

4月 12 2012

テレビCM

テレビCMや電車・バスの吊り広告で見かける法律事務所に借金の相談をしても、法律相談センターに借金の相談をしても、同じではないのですか?という疑問をお持ちの相談者さんもいらっしゃるかもしれません。

テレビCMなどで大量に宣伝をしている事務所は、東京や大阪の法律事務所・司法書士事務所が多いですね。

しかし、このような事務所の中には、残念ながら、依頼者さんの生活の再建という視点が欠けているところもあるようです。

例えば、依頼者さんからほんのわずかしか話を聞かないで受任する場合や、過払金回収だけをして、債務が残る先については途中で投げ出す場合などがあり、消費生活センターなどにこのような事務所についての苦情が寄せられています。

このようなことを防止するため、日弁連では、「債務整理事件処理の規律を定める規程」を定めており、法律相談センターのサラ金クレジット被害相談を担当する弁護士は、その規程を遵守することを約束しています。

そこで、安心してご依頼いただくために、法律相談センターのサラ金クレジット被害相談にご相談されることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

4月 02 2012

システム金融ってご存知ですか?

システム金融業者とは、主に中小企業向けにFAXやダイレクトメールにて融資の勧誘をし、手形や小切手を郵送させるだけで、融資を行う業者のことです。高額な金利を取るヤミ金業者の1つです。
通常のヤミ金であれば、弁護士がヤミ金業者に直接電話をかけるだけで、その後請求が止むのが一般的です。しかし、このシステム業者は、受け取った手形・小切手を交換に回す可能性があり、会社として、それが決済できずに不渡りを出してしまうと、最悪の場合、倒産に追いやられてしまうので、とても怖い業者なのです。

私が依頼を受けた中小企業の社長さんは、複数のシステム金融業者に対し、白地手形を複数枚既に渡してしまっていました。社長さんは、どの業者に、どの手形番号の手形を渡したかも、覚えていませんでした。
この事件の処理は難航を極めたのですが、粘り強く交渉し、受任1カ月後には、ほとんどの手形を取り返すことができました。もちろん、社長さんに対して督促電話などそれ以来全くありません。

システム金融業者は、最初FAXやメールなどで言葉巧みに忍び寄ってきます。システム金融業者は互いに連絡を取り合っていると思われ、一度手を出してしまうと、次々に集中して勧誘してきます。決して手を出してはいけません。
このような業者から借り入れをしてしまった場合は、手遅れにならないためにも、速やかに弁護士に相談してください。

コメントは受け付けていません。

3月 22 2012

払いすぎ

以前,別件でご依頼を受けたご家族から,久しぶりに電話がありました。
とても温かな,優しい心を持ったご家族です。
別件については,順調なようで,ほっと一安心。

今回は,「テレビやラジオで,よく『払いすぎ』と言ってる。相談をしたいです。」とのこと。
早速事務所にお越しいただき,お話を伺って,借入先数社に,受任通知を送りました。

しかし,その翌日,「やっぱり,お金を貸してくれた業者に悪いことをしているような・・・。これまで遅れることなく一生懸命真面目に返してきたから,なんだか申し訳なくなっちゃってね・・・。気がおかしくなりそうで・・・。」とおっしゃられ,依頼をキャンセルしたいと申し出られました。

「法律に違反して高い利息を取っていた業者が悪いのですよ。●●さんは何も悪くはないです。たくさんの人が,払いすぎた利息を取り戻して,楽になっているんですよ。」とお話ししましたが,やはりお辛いとのことで,事件を終了することになりました。

このご家族だけではなく,一生懸命真面目に返し続けてこられた方々の中には,「こんな相談してはいけないんじゃないか。」,「やっぱりきちんと最後まで返さなければいけないんじゃないか。」と,同じような思いを持っておられる方もいらっしゃると思います。
でも,「悪いのは法律に違反して高い利息を取り過ぎていた業者」です。
あなたは悪くありませんから,安心して,弁護士に相談してくださいね。

コメントは受け付けていません。

3月 12 2012

払わなくてはいけない!?

こんにちは。
今回は、ときどき法律相談でご相談いただくケースをご紹介いたします。

ご相談にお見えになった方が、「こんな手紙が届いたんですが、払わなくてはいけないのでしょうか。」と業者からの督促通知を持ってこられました。

内容を見ると、多額の遅延損害金が発生している、支払わないと回収手続きに着手する、自宅や会社に訪問する、といった受け取り側が不安になるような内容が次々と書かれていました。

相手の不安をあおって、少しでもお金が取れたら取ってやろう、という悪質な業者が後を絶ちません、本当に腹立たしく思います。

このような場合には、どうすればよいのでしょうか。

①全く身に覚えのない内容の場合

悪質な詐欺的な請求です。
連絡先が書かれていますが、連絡を取ると相手の思惑どおりになってしまいますので、勇気を持って何もしないのが一番です。

②以前に借り入れがあった場合

この場合は、法律的に支払い義務が残っている可能性があります。
しかし、最後に借り入れ、返済をしてから5年以上経っている場合、時効により払う必要はありません。
業者の中には、時効であることを知りつつ、あわよくば回収をしたいと考えて意図的に請求をしてくる所もありますので、内容をしっかり確認してから対応するようにしていただきたいと存じます。

また、自宅への訪問や家族への請求などが書かれている場合でも、実際にそのような行動をする業者はまれですし、弁護士にご依頼いただければそのような事態を防ぐことも可能ですので、不安を感じられましたら、ぜひ弁護士にご相談ください。

コメントは受け付けていません。

2月 22 2012

皆さんのお越しをお待ちしております

このブログにお立ち寄りいただいた皆さんは、借金についてお悩みのことと思います。

しかし、弁護士に会うのは初めてで敷居が高い・・・と、ご相談に来られることに躊躇されている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、皆さんがご相談に来られた場合のイメージをお伝えします。

まずは弁護士が、皆さんの借金の額、借入先、現在の生活状況(毎月の収入や必要な出費、借金の返済額)のほか、皆さんが今困っていらっしゃることについてお伺いします。

その上で、債務整理の必要性があるかどうか、あるとすれば弁護士を通じて借入先と直接交渉するか(任意整理)、破産や個人再生手続などの裁判所の手続を利用するか(法的整理)についてアドバイスさせていただきます。
このとき、債務整理のメリット・デメリットや費用など、皆さんが不安に思われることについてできるだけ分かりやすく丁寧にご説明します。

そして、皆さんが債務整理を行うことについて疑問点を解消し、十分にご納得いただきましたら依頼してください。

担当の弁護士はどんな人かな・・・と不安に思われる方は、「相談日カレンダー」に「担当弁護士プロフィール」を掲載している弁護士も多数いますので、参考にしてみてください。

まずはお気軽にご相談ください。
弁護士が少しでも皆さんのお力になれれば幸いです。

コメントは受け付けていません。

2月 02 2012

弁護士にできること

借金問題のご相談を受ける場合、弁護士は、その方が、いつ、誰から、なぜ、借金をしなければならなかったのかなど、いわば、その方のこれまでの人生の大部分について、お聞かせいただくことになります。

例えば、長年にわたり、ご家族にも内緒で、一生懸命、一人で借金を返してこられた方。また、決して不真面目な生活をしてきたわけではなく、一生懸命生きてこられたのに、なかなかお金に恵まれず、多額の借金を抱えてしまっている方。いろいろな方がいらっしゃいます。

もちろん、弁護士が、そういった方々の人生を全て背負えるわけではありません。その意味で、弁護士にできることは限られています。
しかし、弁護士にご相談・ご依頼いただくことで、その方の今後の人生を少しでも幸せで豊かなものにする、そのお手伝いであればできるかもしれません。

約30年間借金を返し続けてきた高齢の女性は、弁護士に依頼した結果、数百万円の過払金を回収し、ご自身の手術代に充てることができました。
同じく長期間にわたり借金を返し続けてきたサラリーマンの男性は、弁護士に全ての交渉等を依頼したことで、最後までご家族に知られることなく、借金をなくすことができました。
若くして両親と別れた後一人で懸命に生きてきた女性は、これまでの決して恵まれていたとはいえない人生を自己破産でリセットすることにより、残りの人生を大切に生きていきたいと、弁護士に語っていました。

当然のことですが、弁護士は、一人でも多くの方の力になりたくて、また、一人でも多くの方が笑顔になっていただけることを願って、日々、仕事をしています。
このホームページをご覧いただいたあなたが、もし何らかのお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、勇気を出してご相談いただき、上記に挙げた事例同様、今後の人生を少しでも幸せなものにするためのお手伝いをさせていただけますと幸せです。

コメントは受け付けていません。

Next »

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.