ブログ


4月 22 2012

解決事例(任意整理・過払金)

多重債務に苦しんでおられる方の中には,ご家族に知られずに解決したいという希望をもっておられる方がたくさんいらっしゃいます。

弁護士に債務整理をご依頼いただいた場合,弁護士が債権者に対する窓口となります。
したがって,債権者が依頼者の方に直接連絡することはまずありません。

今回は,ある解決事例をご紹介します。

その依頼者の方は,
  クレジット(借入)2社 55万円
  
の債務を抱えており,毎月の返済額は約3万3000円でした。

依頼者の方から,年金収入による生活が始まり,配偶者様に気付かれずに返済を継続することは困難とのことで,ご依頼いただくこととなりました。

上記2社に取引履歴の開示を請求し,利息制限法に定められた上限利率を超える利息部分を債務元本に充当したところ,上記2社に対し,なんと合計約1000万円を超える過払金が発生していることがわかりました。

そして,最終的にご家族に知られることなく1000万円全額を回収することができ,ご依頼者の方からは返ってきた過払金の存在をどうやってご家族に告げるかといううれしい悩みをもっていただくことができました。

この解決事例では多額の過払金の返還を受けることができましたが,たとえそうならなくても,(裁判所に何らの申立をすることなく)返済額を圧縮したり,支払条件を見直したりできることがあります。
お一人で悩まず,是非,弁護士にご相談ください。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.