ブログ


6月 15 2010

【Q&A】20. 身に覚えのない借金や費用を請求されました。どのようにすればいいですか。また、身に覚えのない借金のことで、裁判所から訴状が届いた場合にはどのようにすればいいですか。

4:00 AM Q&A

はがきや電話などで身に覚えのない借金の請求をされた場合には、相手にせず、放っておくことが一番です。身に覚えのない請求であれば、相手にしないで放っておいても、問題になることはまずないといっていいでしょう。連絡をしたりして何らかの回答をすると、本来払わなくていいはずの借金や費用を、言葉巧みに誘導されて支払わされる危険があります。最近は、裁判所や公的機関に類似する名称を騙って、一見もっともらしい専門用語を用いて請求をするものもありますので、注意が必要です。
他方、訴訟を提起された場合は、放っておくと相手方の請求をあなたが認めたことになり、あなたに対して、身に覚えのないはずの借金の支払いを命ずる判決が出てしまうおそれがあります。したがって、この場合は放置するのではなく、早急に弁護士に相談されることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.