ブログ


6月 15 2010

【Q&A】18. 個人再生手続を利用すると、自宅を失わないで借金を返すことができるというのは本当ですか。

6:00 AM Q&A

住宅資金貸付債権(住宅ローン)に関する特則を利用できる場合(ただし、全ての方が利用できるわけではありませんので、詳しくは弁護士にご相談ください。)、再生計画において、住宅ローンの元利金の支払について、一定の範囲で期限の猶予を認める内容の条項を定めることで、抵当権を実行されることなく、毎月の支払額・支払期間を変更できます。変更後、新たな支払額・支払期間を守って返済していけば、自宅を失わずに済みます。
住宅ローンの債務額が減額されるわけではなく、支払を繰り延べる制度にすぎないという点にご注意ください。また、当然のことながら、支払を無制限に繰り延べられるわけではなく、原則として、住宅資金貸付債権に関する特則が定める支払方法により、繰り延べがされることになります。
なお、住宅資金貸付債権に関する特則は、その要件を満たす場合、小規模個人再生と給与所得者等再生のいずれでも利用することができます。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

Copyright© Aichi Bar Association all rights reserved.